ブログ

本日の来院患者さん:手の痺れ

本日は、数日前から手にしびれを感じて来院されました。
手の痺れ

この方は、首を上に向けることで「手の痺れ」が強く出ます。

朝起きた時点で症状が強く、日中は和らぐ傾向にあります。

座った状態で、場所の確認と腕にしびれの原因がないかを確認します。
しびれは、首が原因となることが多くありますが、
腕に原因がある場合も少なくなく
その場合、治療法が変わるため、確認が欠かせません。

今回は、腕に異常な所見が見当たらず、また首を動かしたときにしびれが強くでるため、
首に原因があることがわかります。

ベッドで仰向けになって頂き、首の状態を確認。

やはり、問題点が見つかります。
特に頚椎に余裕がない、つまり動きが無い部分があります。
患者さん自身も、その部分を動かす事で、痛みが起こります。

同時に筋肉の状態も確認すると、左右での差がしっかりみられます。
この部分も悪化させる要因になっていることが分かります。

今回は、鍼灸治療の方が効果的と判断時、
患者さんに同意の元、施術を開始しました。

デスクワークをされているとのことで、姿勢からもしびれが起こる原因となっているのでしょう。

可能であれば、画面の高さを見直して頂くことも、効果的です。
ノートパソコンなどは、のぞき込むように見てしまうと首の負担がかなり大きくなります。
画面から離れてみるようにするか、画面自体の高さを高くすることで、首の負担を下げることができます。

腰から順番に鍼を行い、メインの頚部もしっかり施術を行いました。
ツボ(経絡)を意識して行いますが、身体の作りは人それぞれ、
教科書通りというより、その方に合わせて、ツボの場所を調節します。
指先の感覚がとても大切です。

しびれを訴える患者さんをみると、
「もし自分がしびれたら。仕事できないなぁ」などと怖くなります。
しびれは、中高年に多くみられます。他人事ではありません。

施術を全て完了して、
頚椎の状態を確認。
頚椎の状態も悪くありません。
施術前と後では、ゆとりが全然違います。

患者さんにも確認したときに「全然違いますね」と
ご自身でも体感できました。

痺れに関しては、日中は出るときと出ないときがあるので、
この後、様子を見て頂く必要がありますが、
この状態だと、しびれの軽減もできるでしょう。

また、起床時にしびれが強いとの事だったので、
枕に一工夫して頂くよう、指導いたしました。

起床時に症状が強く出る場合は、睡眠が症状改善を妨害しています。
それは、症状が取れにくくなる最も重要な要因です。

いつもの枕を調整することで防ぐことができます。

今回の施術は

施術名(治療名):はりきゅう治療 初診料(半年ぶりの来院のため):1650円 施術料:3850円 合計:5500円
でした。

当院では、東洋医学を元に鍼灸治療を行っております。
鍼灸治療は、基本的に全身を行います。
※症状が極端に強い場合は、局所になります。

特に首に力を入れております。
首や肩でお困りの方はぜひご相談ください。

Access