ブログ

本日の来院患者さん:頚椎椎間板ヘルニア

今回の患者さんは、以前から来院されている方です。
定期的な通院をして頂いております。

右手のしびれを訴えられており、整形外科も当院来院前にされて、
MRIにて「頚椎椎間板ヘルニア」の診断を受けておられます。

頚椎椎間板ヘルニアは、中高年以降に多くみられる疾患です。
今回の患者さんも50代男性で、中高年に当てはまります。頚椎椎間板ヘルニア

症状は、右手にしびれと痛みに首や肩のこり感を訴えられています。
筋力低下などはみられません。
車の運転が続いたり、デスクワークを続けていると、右手の症状が強くみられるとのことです。

この方は、整形外科で薬の処方を受けながら、当院を併用しておられます。

頚椎椎間板ヘルニアからの症状は、前かがみやうつむき姿勢が長時間強いられると。
症状が出る場合がありますが、必ずしもこの症状があるとは限りません。
患者さん毎に症状が大きく違う事があり、症状から頚椎椎間板ヘルニアを特定する事は、
実は難しい疾患と言えます。

しかし、傾向的には「猫背姿勢」の方に多い傾向はあります。

デスクワーカーの方に多くみられ、力仕事の方にもいらっしゃいますが、少ない傾向があります。

身体の状態を注意深く確認していく必要があります。
この方は、頚椎は右側の動きが悪く場所によっては、痛みを伴います。
重要な身体の情報です。

背加奈の状態も重要です。
人により背中の状態は、千差万別でとても多くの情報が手に入ります。
猫背でも全体的に丸みを帯びています。

背中には、痛みを伴う部分があり、触れるだけでも異常があることが分かります。
何度か通院して頂くと、この程度をみることで調子を計る事ができます。
同時に、腰の状態も見ておく必要があります。
始めて来院された際には、問診時に腰の症状の記載はありませんでしたが、
触診時に確認すると、異常がみられた方でした。
これも毎回状態を確認していきます。

毎回、同じ確認を必ず行う事で、
患者さんが伝えきれない状態も把握する事ができます。
とても重要な要素となります。

一通り、確認を終えたので施術を行っていきます。

この方は、はり・きゅう治療を行っております。
ご本人さん曰く「あまり得意ではない」とおっしゃるのですが、
いつもご利用いただけて感謝しております。

身体の状態を参考にはり・きゅう治療の方針を決定します。
東洋医学を元にした治療と、身体のメカニズムを元にした治療をこの方には行っております。

施術後に状態を確認して、目標が達成できているかを確認します。
客観的に違いが出る事は、とても重要です。

確認を終え、今回の治療は終了となります。

今回の施術は

施術名(治療名):はりきゅう治療 施術料:3850円 合計:3850円
でした。

当院では、東洋医学を元に鍼灸治療を行っております。
鍼灸治療は、基本的に全身を行います。
※症状が極端に強い場合は、局所になります。

特に首に力を入れております。
首や肩でお困りの方はぜひご相談ください。

また、電話等でのご相談も受け付けております。
既存の患者さんは勿論、来院された事が無い方でも、
電話でのご相談をお受けしております。
※混雑の状況により折り返しでの対応もしております。

お気軽にご相談ください。

Access