腰痛の正しい治療は正しい自分の状態を知ることから

腰痛と一言で言っても実は、タイプがあり治療にも違いがあります。 腰痛を改善するためには、まず自分がどのタイプの腰痛であるかを知る必要です。 症状がどこから起こり、どのような状態かを知って頂き、今後の参考にして頂きたいと考えます。 腰痛を判断する要素 いつから(発症の時間・時期) どこが・どの部分が(症状の場所) どの様に・どんなふうに(症状の感じ方) どんなときに(症状が強くなる・弱くなる動きや姿勢) 腰痛以外の症状(足の痛みや肩の痛み・糖尿病や風邪や体調不良・便秘など、その他多数) 腰痛にしても肩こりや膝の痛みにしても、どこが悪いかを知ることで治療法を変える必要があります。 いつから(発症の時間・時期) いつから症状があるのか?以前からあるのであれば、症状が段々強くなっているのか、変わらないのか、弱くなってきているのか。 どこが・どの部分が(症状の場所) 腰のどこが痛いのか?もしくは、お尻や脚に背中に症状がないのか? どの様に・どんなふうに(症状の感じ方) 痛みと言っても、激しい痛みや重い痛みや怠い痛みまたは鋭い痛みがあるのか?痛みだけではなく、しびれや不安感があるのかどうか? どんなときに(症状が強くなる・弱くなる動きや姿勢) 動いたときに痛いのか?動くときでも歩くときや立ち座りや階段を上るときに痛いのか?また安静時に痛みが強くなる腰痛もあります。 腰痛以外の症状(足の痛みや肩の痛み・糖尿病や風邪や体調不良・便秘など、その他多数) 腰痛から便秘がおこることもありますし、風邪を引くと症状が余計に強く出ることや他の疾患が原因で腰痛を発症することなど様々な影響があります。 腰痛のタイプ どこの問題で症状がみられるのかの原因部位を指します。 筋筋膜性腰痛 主に筋肉に問題をおこすことで症状がみられます。症状の特徴は、左右差がみられることが多く、動いたときに痛みが強くなり、安静時でも徐々に症状が強くなることもあります。 椎間関節性腰痛 腰椎部でも痛みで、関節炎や靭帯損傷を含めます。症状の特徴は、中心部での痛みが主で、痛みの強弱が少なく、症状が長く続き易い傾向があります。 仙腸関節性腰痛 骨盤の後ろにある仙骨と腸骨との関節部での痛みです。屈んだりしても痛みは少ないが、歩くことや重心移動で痛みがみれ易い傾向があります。 腰椎症 腰椎の退行性病変です。腰椎の変形や腰椎椎間板の変性でみられます。年齢が高い方の慢性腰痛に多く、直接的な症状より間接的に症状を出しやすい疾患です。一般的に「腰が強くない」と言う方は少なからずみられるものです。 腰椎椎間板ヘルニア 腰椎部での衝撃吸収材である、椎間板の変性により位置異常がみれます。神経症状がみられ易いのですが、無症状の方も多く、他の腰痛と鑑別診断が難しいのも特徴です。 腰椎すべり症 腰椎と腰椎の連続性が損なわれ、腰椎が滑っている状態です。先天性であったり、腰椎の骨折や変形性腰椎症でみられます。すべりが強くなることで、脊柱管狭窄症に至ることもあります。 腰椎圧迫骨折 腰椎が潰れるように骨折をおこします。主に高齢者に多くみられますが、転倒や転落により若年者でもみれることがあります。 上記が腰痛でみられるタイプと疾患です。主に上記の2つが多くみれますが、腰椎症は長年の慢性腰痛を抱えている方に多く、上記の2つを併発しやすい疾患でもあります。 治療の選択方法 タイプを知ることだけでは、治療法の決定には至りません。それは、「腰痛を判断する要素」がタイプを判断するだけでもなく、相乗的に治療法の選択に至ります。複合的に判断し、治療法の決定に至ります。 まとめ テレビやサイトの治療法は、治療法の一つの方法です。すべての人に当てはまる訳ではなりません。専門の治療院や病院にて、自分に合った対策をご指導いただいてください。施術と日常生活の指導を含めいて治療となります。通院を重ねることで、治療は変化することもあります。状態により必要な治療が違います。腰痛=ストレッチばかりではなく、安静が良い場合もあります。腰痛=温めるが全て正しい訳ではありません。冷やすことが必要な場合もあります。是非、カスタムメイドされた治療をお受けいただければと考えます。   ... (続きを読む…) | Share it now!

腰痛のコルセットについて

腰痛で悩んでいる方の中には、腰痛コルセットを使用している方もいらっしゃいます。正しく使うことで驚くほど腰痛が楽になります。しかし、品物にも良いもの悪いものがあるのも事実です。また、腰痛のタイプによっても選ぶべきコルセットは違います。自分に合ったコルセットを正しく使うことで、効果は格段に上がります。 腰痛コルセットの目的 腹圧を上げることにより、背筋に掛かる負担を軽減することにあります。つまりは、腹筋の補強になります。 腰痛の大きな原因の一つである、腹筋を中心とした体幹筋力の低下により背筋に余計な負担が掛かることで起こります。腰痛コルセットは弱った腹筋をベルトで絞めることが目的です。 腰痛コルセットは背筋を直接的に支えるものではありません。 おすすめの腰痛ベルト(コルセット) 腰痛ベルト(コルセット)は基本として、補強ベルトのある2本タイプを選択してください。1本タイプでは疼痛緩和に効果を発揮しにくくなります。その中でも医療用で用いられ、ネットでも手に入る品物をピックアップしてみました。 日本シグマックス社マックスベルトme2 ベルトの素材が程よい硬さでベルト幅も骨盤と腹圧を上げるために理想的な幅があります。 補助ベルトの自由度もあり、機能として十分満たします。 日本シグマックス社はザムスト(ZAMST)というスポーツ用のブランドも展開しており、サポータメーカーとして信頼度は抜群です。 アルケア社サクロアクティブDX ベルトの素材がしっかりしており、マックスベルトほど幅はありませんが、骨盤をしっかり固定できます。 補助ベルトを側腹部を覆うように巻くことで、腹圧をしっかり上げ腰の安定感が得られます。 腰痛コルセットには、いくつかの種類があります。 ・体幹装具 病院で処方されることが多く、装具となると既製品ではなくサイズをオーダーメイドで作ることが一般的 価格は保険を適応して数万円になります。 日常生活を行いえるレベルの腰痛では、逆に日常生活に支障を来たすほどの固定力があり、一般的ではない。 ・腰痛ベルト(コルセット) 骨盤と腰椎部を固定する柔軟性と適度な固定力があり、日常使用に適した腰痛コルセットです。腰痛コルセットのスタンダードな形であり、多くの腰痛患者さんに適しています。 価格は3,000円~10,000円程度が多く、整形外科でも保険適応にて処方を受けることも出来ます。 ベルトが2本タイプのものとベルトが1本タイプのっものがあり、使用状況により選択します。しかし、基本的にはベルトが2本タイプのものでないと効果がみられにくいのも特徴です。 ・骨盤ベルト 名前の通り骨盤を固定することが主な目的で、日常生活の使用に適しており、素材は基本的には柔軟性がありしゃがむなどの動作にも出来ます。骨盤に問題を抱えている方に適していますが、ときには腰痛ベルト(コルセット)の代用にも用いられます。 価格は2,000円~5,000円程度が多く、腰痛ベルトの次くらいに品ぞろえがあります。 骨盤ベルトを固定するために、股関節の動きに直接的に影響を与えます。そのために、各社から出ているものの多くは、ゴム製のものが多く、ベルト幅も5㎝~10㎝程度の細めになります。ベルトは1本タイプがほとんどです。 腰痛ベルト(コルセット)のメリット ・痛みを軽減 ・腰部の安定感 ・患部を安静に保てる ・ギックリ腰予防 腰痛ベルト(コルセット)のデメリット ・腰部に可動制限により姿勢を変えにくい ・蒸れやすい ・長期間の使用で筋力低下 ・普段の服が着れなくなる などがあります。これらは、使用状況や使用環境により変化があります。 腰痛コルセットの正しい装着位置 ベルトは骨盤を絞めるようにとめ、補強ベルトで腹部を絞めて下さい。それにより、骨盤と腹部の固定が出来腰痛ベルトとして理想的な状態となります。 まとめ 腰痛コルセットは、腰が痛い際に使用しますが、説明書を読み正しく着用することで驚くほど痛みを軽減します。 購入される際は、必ず試着してご購入下さい。試着なしでは購入しないでください。アドバイスを受けることのできるお店や病院・治療院で購入することをお勧めします。また、製品を選ぶ際に高額の商品が良いものとは限りません。実際、高価だったと言われ見せて頂いたコルセットが患者さんの目的に合わず、症状の軽減に繋がっていないものもあります。素材も硬すぎるもの柔らかすぎるものも存在します。専門家のアドバイスを受け購入されることをお勧めします。 当院でも取り扱いがあります。ご相談下さい。   ... (続きを読む…) | Share it now!

腰痛は体幹の強化とストレッチの両方が重要

腰の痛みは筋肉によるものが多く、筋肉の改善がなされなければ症状の改善には、繋がりません。腰痛を起こす筋肉は、背骨の両脇にある脊柱起立筋が最も多く症状を出します。しかし、脊柱起立筋のみが悪さをしている訳ではありません。腰痛を改善・予防には脊柱起立筋と共に改善しなければいけない要素があります。 腰痛を改善するためには、今の症状がどこに原因があるかを知る必要があります。まずは、あなたの腰痛がどのタイプかを知りましょう。 腰痛のタイプ別分類 屈曲型腰痛 身体を前にかがめる動作で痛みがみられる最も多いタイプです。日常生活では「屈んで物を取ろうとしたときに痛む」「椅子に座ろうとしたときに痛む」などです。 骨盤の前傾という動きが制限されることにより、腰椎が必要以上に前かがみをしいられ腰に痛みとなり現れます。 これは、股関節と骨盤の動きが悪く、特に股関節周囲の筋肉と大腿部を中心とした、下肢後面の筋肉に柔軟性が無くなることによりみられます。 伸展型腰痛 身体を起こす動作で痛みがみられる2番目に多いタイプです。日常生活では「車から降りようとしたときや椅子やから立ち上がろうとしたとき痛む」「草むしりでかがみつづけた後に立ち上がろうとしたときに痛む」「腰に痛みが出て、腰を反らしたくなる」などです。 骨盤の前傾と腰椎の前弯が強くなることで、必要以上に腰が反り痛みとなります。 これは、腹の中にある腰椎を前から支える筋肉や大腿部内側の筋肉の柔軟性が無くなることによりみられます。 回旋型腰痛 身体を捻る動作で痛みがみられるタイプです。日常生活では「クルマで後ろのシートから物を取ろうとしたときに痛む」やスポーツ選手などに良くみられます。 骨盤の前傾が強い状態で、偏った身体の使い方があるためにみられます。 これは、腰部の外側にある筋肉の過度の疲労と筋力低下があり、腰椎を前から支える筋肉の柔軟性が無くなることによりみられます。 筋肉の柔軟性が低下することで関節の動きを制限が掛けられ、より筋肉に負担をかける悪循環により、腰の痛みとなります。 筋肉の柔軟性とは 筋肉の過度の使い過ぎや運動不足により筋肉は硬くなり、縮むことにも伸びることにも動きが鈍くなります。これは、筋肉の状態が悪い証で、疲労した状態とも言えますが、ここでは柔軟性の低下という言葉で表しています。筋肉の良い状態にするには、適度にメリハリのある動きを与えなければなりません。過度の使い過ぎや使い過ぎないは柔軟性の低下につながります。 体幹トレーニングとストレッチがなぜ必要なのか? 適度にメリハリのある動きを与える意味でも、筋肉量を増やし筋肉に余力を生み出すためにも、体幹を鍛えることは効果的です。 一昔前までは、腹筋と表現されてきましたが、現在は同様な意味で体幹トレーニングを指します。 ストレッチは、体幹トレーニングを行った後に張りが出た筋肉をしっかり伸ばすために重要です。また、仕事や運動で使った筋肉をほぐす意味でも効果的です。 腹筋と体幹トレーニングの違い 一般の方は、腹筋と言われると割れた6パックの筋肉をイメージされると思いますが、医療の世界では、お腹周り全てを含み腹筋と表現しておりました。つまり、体幹がそれにあたります。 現在では、腰痛予防は腹筋ではなく、体幹を鍛えることこそが重要となります。... (続きを読む…) | Share it now!

脂肪は身体で常に燃焼されている

間違いだらけの脂肪燃焼の常識

diet

身体についた余分な脂肪、一度つくと何だか、難しい話しもある気がしませんか? 「有酸素運動を20分以上しないと脂肪は使われない」「普段の生活では脂肪は減らない」などとよく言われます。でも、実はそんなことありません。脂肪を燃焼させるには、条件があると考えていませんか?

続きを読む