ギックリ腰のシーズン到来?

新型コロナウイルスで世の中が騒がしい中、天気の良い日も増え気温も外で活動できるような温度になってきましたが、現状中々外で運動や遊びなどのアクティビティ-が出来ていないのではないでしょうか?

そんな中、ギックリ腰や慢性腰痛の悪化された方が多くいらしています。

ギックリ腰のシーズン到来です。

そうなんです。ギックリ腰にはシーズンがあるんです。
一年の中でも季節の変わり目となる、3月や6月・10月頃にギックリ腰や急激に痛みを出す腰痛が増えます。また、今年はコロナの影響で外出を控え、自宅で座りっぱなしになることで、腰部や臀部(お尻)の筋肉が硬くなり、骨盤のゆがみが起こることでの腰痛もみられます。

ギックリ腰や強い腰痛があるときの対象法

普段の生活をおくるうえで、痛みをかばう様な動きが出ているようだとかなり重症な腰痛です。安静を心掛け、少し症状が落ち着いてきたときに軽めの運動やストレッチを行いましょう。
腰痛コルセットなどをお持ちでしたら、是非装着して下さい。

腰に痛みがあるけれど、動く事は普段通りできる方は軽度の腰痛と言えるでしょう。運動やストレッチを可能な範囲で行い、身体に柔軟性を付けましょう。
温めることも良いので、ゆっくりと入浴されたりと腰を冷やさないようにしましょう。
腰痛コルセットをお持ちの方は、当てると楽に感じるなら症着しましょう。

どうしても、ここ最近は活動的になることが難しいと思いがちですが、ウォーキングやジョギングなど個人で活動する分には問題ないのではないかと私は考えます。また、身体を動かすと血流が良くなりセロトニンが分泌され、気分も晴れます。気分が晴れると身体にも良い影響があらわれ易く、血流改善と相乗効果で腰痛の改善に繋がります。

自力での症状改善が難しい腰痛もあるのも事実です。
当院では、腰痛の患者様も多くいらっしゃっています。
はり治療が効果的です。
腰痛は当院へご相談下さい。

カテゴリー: news

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です